Kushim

サイト利用規約

株式会社ケア・ダイナミクス(以下「当社」という)は、本サービスの利用規約(以下「本規約」という)を以下のとおり定めます。契約者は、本規約の内容を承諾した上で本サービスを利用するものとします。

第1条(利用規約の適用)

  • 本サービスを利用する全ての者は本規約の内容を了解した上で本サービスを利用するものとし、本規約は本サービスを利用する全ての者に適用されるものとします。
  • 契約者は、本規約及び当社が作成するマニュアル(以下両者を総称して「本規約等」という)の内容を了解した上で本サービス利用契約を締結するとともに、ユーザに対し本規約等の内容を周知徹底させるものとします。

第2条(定義)

本規約で用いられる場合、以下の用語は、以下の意味を有するものとします。

  • 「本サービス」とは、当社が本規約に基づき「Care Online」の名称で提供する介護管理システムをいい、その具体的内容及び操作方法はマニュアルに定めるものとします。
  • 「提携事業者」とは、本サービスを提供するために当社が本サービスの一部を委託する第三者をいいます。
  • 「本サービス用設備」とは、当社及び提携事業者が本サービスを利用可能な状態にするために設置し、かつ維持する電気通信設備その他の設備(入出力装置を含む)及びソフトウェアをいいます。
  • 「本サービス利用契約」とは、契約者が締結する本サービスの利用に関する契約をいいます。
  • 「契約者」とは、本サービス利用契約を締結して本サービスを利用する法人又は団体をいいます。
  • 「ユーザ」とは、契約者に所属する個人であって、本サービスを利用するすべての者をいいます。
  • 「契約者用設備」とは、契約者が本サービスを利用するために設置し、かつ維持する電気通信設備その他の設備(入出力装置を含む)及びソフトウェアをいいます。
  • 「ユーザID」とは、契約者とその他の者を識別するために用いられる符号をいいます。
  • 「パスワード」とは、ユーザIDと組み合わせて、契約者とその他の者を識別するために用いられる符号をいいます。

第3条(契約主体)

  • 本サービス利用契約は、当社とユーザとの間に直接の契約関係を発生させるものではなく、当社は個々のユーザに対していかなる責任も負わないものとします。契約者は、本規約においてユーザの義務及び責任として記載されている条項をユーザに対して遵守させ、かつユーザの行為を管理・指導する責任があります。
  • 契約者は本サービスの利用におけるユーザの行為に関する一切の責任を負うものとします。

第4条(通知)

  • 当社から契約者への通知は、電子メール、FAX、書面の送付、Webサイトへの掲載、その他当社が適当と判断する方法により行います。
  • 前項の通知が電子メール、ファックス又は書面の送付による場合、当該電子メールが契約者のメールボックスに記録された時点、当該ファックスが送信された時点又は当該書面が契約者の住所に届いた時点で、それぞれ契約者に到達したものとみなします。前項の通知がWebサイトへの掲載による場合、Webサイトに掲載された時点で契約者に到達したものとみなします。
  • 契約者が第1項の通知を確認しなかったことにより不利益を被ったとしても、当社は契約者に対し責任を負わないものとします。

第5条(報告)

  • 当社及び契約者は、本サービスの正常な運用を妨げる何らかのシステムのトラブル又は故障その他の不具合を発見したときは、速やかに相手方に報告するものとします。また、当社は、その原因を調査するものとし、本サービス用設備に原因があることが判明した場合、必要な復旧その他の対応を行います。
  • 契約者用設備、電気通信回線その他の設備にシステムのトラブル又は故障その他の不具合の原因があることが判明した場合、契約者において必要な復旧その他の対応を行い、当社は何らの責任も負担しないものとします。当社及び契約者は、必要な復旧その他の対応を行うに際して相手方から要請された場合には、その状況下で実施可能な協力を誠実に行うものとします。

第6条(本規約等の変更)

  • 当社は、本規約等を変更することがあります。なお、この場合には、契約者の利用条件その他の内容は、改定後の規約等を適用するものとします。
  • 変更後の規約等については、当社が別途定める場合を除いて、第4条第1項による通知が契約者に到達した時点より、効力を生じるものとします。

第7条(本サービス利用の条件)

  • 契約者は、自己の費用と責任において、当社が定める条件にて契約者用設備を設定し、契約者用設備及び本サービス利用のための環境を維持するものとします。
  • 契約者は、本サービスを利用するにあたり自己の責任と費用をもって、電気通信事業者等の電気通信サービスを利用して契約者用設備をインターネットに接続するものとします。
  • 契約者用設備、前項に定めるインターネット接続ならびに本サービス利用のための環境に不具合がある場合、当社は本サービスの提供の義務を負わないものとします。
  • 当社は、当社が本サービスに関して保守、運用上又は技術上必要であると判断した場合、契約者が本サービスにおいて提供、伝送するデータ等について、監視、分析、調査等必要な行為を行うことができます。

第8条(本サービスの変更・廃止)

  • 当社は、本サービスの種類及び内容の全部又は一部を変更又は廃止(以下「変更等」という)することがあります。その場合、当社は、変更等に伴い契約者に損害が発生したとしても一切の責任を負わないものとします。
  • 当社は、前項の規定により本サ-ビスを廃止するときは、契約者に対し事前に又は緊急の場合は事後に通知します。

第9条(委託)

  • 当社は、本サービスの一部を、提携事業者に対して委託することができるものとします。
  • 当社は、契約者のユーザID及びパスワードを、自己の責任において提携事業者に開示・提供できるものとし、契約者はあらかじめこれを承諾するものとします。

第10条(禁止事項)

  • 契約者及びユーザは、本サービスに使用されているソフトウェアを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングしてはならず、その他かかるソフトウェアのソースコード、構造、アイデアを解明するような行為を行わないものとします。また、契約者及びユーザは、かかるソフトウェアを変更又は改造する行為、ソフトウェアに組み込まれているセキュリティデバイス又はセキュリティコードを破壊するような行為、その他本規約に明示的に規定されている事項以外の行為で本規約に反する行為並びに当社による本サービスの提供その他当社の事業を妨害する行為をしてはならず、また、第三者がかかる行為を行うことを助長する行為を行ってはならないものとします。
  • 契約者及びユーザは、法令に違反すること、公序良俗に反すること、他人の権利を侵害すること、他人の名誉やプライバシーを侵害すること、他人に経済的・精神的損害を与えること、その他当社が不適切と判断する行為を行わないものとします。また、猥褻・猥雑な情報又は倫理上問題のある情報などを本サービスを通して掲載、開示、若しくは他人に提供しないものとします。
  • 契約者は、当社の許可なく、本サービス利用契約上の地位を、第三者に譲渡すること、担保に供することその他一切の処分をすることはできません。

第11条(自己責任の原則)

  • 契約者は、本サービスの利用に伴い、自己の責に帰すべき事由で第三者に対して損害を与えた場合、又は第三者からクレーム等の請求がなされた場合、自己の責任と費用をもって処理、解決するものとします。契約者が本サービスの利用に伴い、第三者から損害を被った場合、又は第三者に対してクレーム等の請求を行う場合においても同様とします。
  • 契約者は、契約者がその故意又は過失により当社に損害を与えた場合、当社に対して、当該損害の賠償を行うものとします。

第12条(ユーザーID及びパスワード)

  • 契約者は、ユーザーID及びパスワードを第三者(当社が指定する提携事業者を除きます。本条において以下同じとします。)に開示、共有しないとともに、第三者に漏洩することのないよう厳重に管理するものとします。ユーザーID及びパスワードの管理不備、使用上の過誤、第三者の使用等により契約者自身及びその他の者が損害を被った場合、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 第三者が契約者のユーザーID及びパスワードを用いて、本サービスを利用した場合、当該行為は契約者の行為とみなされるものとし、契約者はかかる利用についての利用料金の支払その他の債務一切を負担するものとします。また、当該行為により当社が損害を被った場合は契約者は当該損害を補填するものとします。ただし、当社の故意又は過失によりユーザーID及びパスワードが第三者に利用された場合はこの限りではありません。

第13条(本サービスの停止)

  • 当社は、以下の各号に該当する場合には、当社の判断に基づき、本サービスの運用を停止することがあります。
  • (1) 契約者又はユーザが第10条に定める禁止事項を行っていることが判明した場合
    (2) 天災、地変、地震、水害、噴火、津波、火災、停電、戦争、暴動、騒乱その他の不可抗力事由が発生し、又は発生するおそれがある場合
    (3) 本サービス用設備の保守上、維持管理上又は工事上やむを得ない事由が生じた場合
    (4) 本サービス用設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合
    (5) 法令による規制、その他判決、命令、決定等の処分がなされた場合
    (6) 契約者が本サービス利用料の支払を怠った場合
    (7) その他、当社が必要やむを得ないと判断した場合
  • 当社は、第1項により本サービスの全部又は一部の運営を停止する場合は、あらかじめその旨を契約者に通知します。但し、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
  • 第1項により本サービスの全部又は一部の運営を停止する場合、当社は、これにより契約者に生じた損害について賠償する責任を一切負わないものとします。

第14条(本サービス終了時の処理)

当社は、本サービス利用契約が終了した場合、本サービスの利用にあたって契約者から提供を受けた資料等(電子データ又はこれらの全部又は一部の複製物を含みます。以下同じとします。)を契約者の事前の承諾を得て消去することができるものとします。資料等の返還に要する費用については、別途協議のうえで決定するものとします。

第15条(免責)

  • 当社は、本サービスの商用可能性、特定目的への適合性に関する黙示の保証も含め、明示的であれ、黙示的であれ何らの保証も行わないものとします。当社は、本サービスの提供、遅延、変更、中止、停止、廃止その他本サービスに関連して、契約者、ユーザまたは第三者に生じる損害について、特約ある場合を除き、一切責任を負いません。
  • 本サービスを利用して契約者が提供又は伝送する情報(コンテンツ)については、契約者の責任で提供されるものであり、当社はその内容等についていかなる保証も行わず、また、それに起因する損害についてもいかなる責任も負わないものとします。

第16条(秘密保持)

契約者は契約期間中、契約終了後を問わず、本サービスの利用により知りえた当社の業務上の秘密情報については、これを厳重に管理し、第三者に開示・漏洩してはならないものとします。

第17条(管轄)

本サービスの利用に関して、当社と契約者との間に、訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第18条(準拠法)

本規約に関する準拠法は、日本法とします。

第19条(協議解決)

本規約の解釈に疑義が生じた場合、又は本規約に定めのない事項については、当社及び契約者は誠意をもって協議し解決するものとします。

以上。